• トップ

インプラントのお手入れ方法

インプラント後の手入れも重要

インプラントは保険適用外

総入れ歯にすれば、自分で美味しく食事をすることにも役立つのですが、臭いや手入れという問題も出てきます。毎日取り外してまめに手入れをしているにもかかわらず、入れ歯特有の臭いが気になってしまうものですが、インプラントであれば取り外しの必要もなく自分の歯のようにして利用することができるので、臭いの悩みからも解放されることになります。しかし、自分の歯と同じようにお手入れをしなければ、また歯を失ってしまうことにもなります。インプラントは、虫歯になって歯を失うという心配はないのですが、歯周病になってしまえば土台となっている人工歯根がぐらついたり、歯周病特有の臭いが発生することにもなります。インプラント治療が完了すれば安心してしまうものですが、その後のケアも非常に重要です。インプラントは、虫歯の治療と違って保険を使うことができない自由診療となるので、料金の負担も大きくなります。まず、インプラントを入れるかどうかの判断のための精密検査や診察料で数万円かかってしまうことになり、人工歯根の材料費に10万円以上、さらに手術に10万円以上の料金が必要になります。自由診療ということは、クリニックによって料金も違うことになるので、場合によっては思っていた以上の値段になってしまうことにもなります。しかし、入れ歯の悩みから解放されたいという人に多く選ばれています。

↑PAGE TOP