• トップ /
  • ほぼ自分の歯インプラント

インプラントで食事

インプラント後の手入れも重要

自分の歯のようなインプラント

80歳まで自分の歯でごはんが食べられたら本当に幸せなことですが、これはなかなか難しいことです。しかし、歯が抜けてしまっても、インプラントという治療を行えば自分の歯のようにごはんを食べることができます。従来は歯が抜けてしまったら入れ歯で対応していました。しかし、入れ歯は付け心地が悪く、ごはんも美味しくありません。ところがこのインプラントに変えると、まるで本物の歯のように違和感がなくなり、ごはんも美味しくなります。

インプラント治療とは何か

インプラント治療とは、あごの中に人口の金属を埋めることで歯の代わりとなるものを用いた新たな歯科治療法です。最近では、この治療法は費用下落と安全性向上により、ニーズが増えています。トラブルの報告の減少し、患者にとって非常に便利な方法であり、なおかつ安全性が増したことからインプラント治療を受ける人が増えています。今後、さらに安全性が増した治療法になると期待されており、便利な生活を手に入れる人も増えていきそうです。

↑PAGE TOP