• トップ /
  • インプラントに起きる臭いの原因

インプラントのメンテナンス法

インプラントに起きる臭いの原因

インプラントの臭いの対策

インプラント治療後、臭いが発生する事があります。その臭いが発生する内容ですが、ブラッシングが普及分で、その上部構造(人工の歯)と人工歯根(インプラント)をつないでいるところにプラーク夜市関が付いていることがあります。対策としては、正しいブラッシングのやり方の指導を受け、歯科で歯をクリーニングいてもらう事が必要です。インプラントの種類によっては人口の歯と連結部、連結部と人工歯根をねじで連結しているものがあります。そのネジが緩んだり、一部かけたりして、雑菌やプラークが各パーツの隙間に入り込んでいる場合があります。その内容の場合が、取り外せるパーツは、取り外して洗浄し、ネジの交換やしめなおしをする場臭いは消えます。臭いの起きる内容が、噛み合わせの問題でセメントが流れた場合は、上部構造を取り外して、上部構造の内側と、連結部の表面を洗浄することで、解消される場合もあります。しかし、上部構造が、取り外せない場合は、上部構造を削ってとり、再び上部構造を作り直す必要があります。仮歯の段階で臭いが発生する場合がありますが、仮歯は、素材がプラスチックで汚れやすいので、人口の歯を取りつけると、その後の問題はありません。もし、膿が出ていたり、出血がある場合歯歯科医師に処置をしてもらいましょう。

↑PAGE TOP