• トップ /
  • インプラントの被せ物からの臭い

インプラントの治療後の臭い

インプラントの被せ物からの臭い

インプラント後の口臭を予防する

インプラントの治療後に、治療をした場所から臭いが出てしまうことがあります。歯槽膿漏で口臭がひどいのを改善したくて治療を受けたのにこれでは何のためにしたのか分からない、と思っている人もいるかもしれませんが、毎日のセルフケアやメンテナンスをきちんとしないと、自分の歯と同様、臭いは発生します。インプラント後のトラブルで最も多いのが歯肉炎です。口臭が気になる場合は、まずは歯磨きなど毎日のケア不足で歯肉炎が起こっていないか確認してみましょう。インプラントの人工歯と人工歯根の結合部分の隙間などに歯石が付着すると臭いの原因になります。そのまま、歯石やプラークが口の中に残り続けると、歯周病の原因となる雑菌が繁殖し、歯周病を引き起こしてしまいます。症状が悪化すると最悪再手術が必要になる場合もあるので、毎日のブラッシングや生活習慣に注意するようにしましょう。インプラント治療後、短期間に歯科検診を受け、定期的に歯石除去やクリーニングをしてもらうことも口臭予防につながります。インプラント治療後でも、セルフケアやメンテナンスをおろそかにしていると、自分の歯と同様、悪臭がすることはあります。長期間快適に過ごしたい場合は、毎日のケアをしっかりとして、短期間に歯科検診を受けるのがおすすめです。

↑PAGE TOP